Loading

映画『ピーターラビット』

このうさぎ、こう見えてスゴイんです!本物のピーターラビットは、カワイイだけじゃない。

  • あの絵本のピーターラビットが生きて、ここにいる! ずっと会いたかったピーターが、すぐ目の前に!! 活き活きと動き、跳び回るウサギたちは誰もがギュッと抱きしめたくなる愛らしさ!!
  • 『ANNIE/アニー』の監督が贈る、夢いっぱいのダンス&シング! 動物たちが奏でる、まるでミュージカルのような心躍る世界が、一大パノラマをバックに繰り広げられる!
  • まさに地球の宝もの——舞台は<世界遺産>イギリス湖水地方 イギリスで最も美しい風景と称えられる湖水地方。原作者ビアトリクス・ポターはこの地でピーターラビットを生み、今も当時のままの美しさを保ち世界中の人々を魅了し続けています。

Story

ピーターは世界で一番幸せなウサギ。たくさんの仲間に囲まれ、画家のビアという心優しい大親友もいる。亡き両親のことを想うと寂しいけれど、ビアの存在がすべてを吹き飛ばしてくれる。ところがある日、大都会ロンドンから潔癖症で動物嫌いのマグレガーが隣に引っ越してきたことで、ピーターの生活は一変!今までの幸せを守りたいピーターと、あの手この手で動物たちを追い払おうとするマグレガーとの争いはエスカレート。さらにビアへの“恋心”も絡まって思わぬ大事件に発展!ピーターはあるミッションを秘めて、初めてのロンドンへ向かうのだが——。

Cast Staff

CAST

ローズ・バーン

ローズ・バーン(ビア/あひるのジマイマ・パドルダック)

1979年、オーストラリア・シドニー生まれ。1999年本格的な映画デビューを果たし、翌年に出演した『The Goddess of 1967』でヴェネツィア国際映画祭の主演女優賞を獲得。2007年よりアメリカで放送が開始された『ダメージ』では5シーズンに渡ってエレン・パーソンズ役を演じ、エミー賞助演女優賞にノミネート。2014年には、本作を手掛けたウィル・グラック監督による『ANNIE/アニー』にも出演している。

ドーナル・グリーソン

ドーナル・グリーソン(トーマス・マグレガー/かえるのジェレミー・フィッシャーどん)

1983年、アイルランド・ダブリン生まれ。映画、TVドラマや舞台など、マルチに活躍。『ハリー・ポッター』シリーズ最終章『ハリー・ポッターと死の秘宝』(10,11)でビル・ウィーズリー役を演じたのち、『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』(13)や『エクス・マキナ』(15)、そして『レヴェナント:蘇えりし者』(15)など、多くの話題作に出演。2015年には『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で悪役ハックス将軍を演じ、続く『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(17)にも出演している。

サム・ニール

サム・ニール(マグレガーおじさん)

1947年、イギリス・北アイルランド生まれ。『ジュラシック・パーク』(93)、『ジュラシック・パークⅢ』(01)ではメインキャラクターであるアラン・グラント博士を演じた。1993年に製作された『ピアノ・レッスン』は数多くの映画賞を受賞し、カンヌ国際映画祭ではグランプリを獲得。

Cast キャスト(声)

デイジー・リドリー(カトンテール)

1992年、イギリス・ロンドン生まれ。2015年に『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で主人公レイ役に大抜擢され、その名が一気に世界中に広まった。続編となる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(17)にも出演、2019年公開予定の『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』への出演も決まっている。2016年にはスタジオ・ジブリ製作の『おもひでぽろぽろ』にて主人公の英語版の声を担当した。

マーゴット・ロビー(フロプシー)

1990年、オーストラリア・ゴールドコースト生まれ。2013年公開の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でレオナルド・ディカプリオ演じる主人公の恋人役を演じ、一躍注目を浴びる。その後、2016年に『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役で大ブレイクを果たす。2018年には『アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル』で第90回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。

エリザベス・デビッキ(モブシー)

1990年、フランス・パリ生まれ。幼い頃にオーストラリアに移住し、舞台や映画など多岐に渡って活躍。2012年に『華麗なるギャツビー』のメインキャラクターに抜擢され、レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイアらと共演した。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(17)では金色の宇宙人アイーシャを演じ、続く第3作目にも出演することが決まっている。

ジェームズ・コーデン(ピーターラビット)

1978年、イギリス生まれ。1996年に俳優としてのキャリアをスタートさせ、映画やTVドラマ、舞台、ミュージカルなどマルチに活躍。2012年に舞台『One Man, Two Guvnors』でトニー賞演劇主演男優賞を受賞。2015年3月からはCBSで放送されている『レイト×2ショー』の4代目司会に抜擢され、全米で愛される人気番組として、第68回プライムタイム・エミー賞を受賞した。俳優としては、『ガリバー旅行記』(10)、『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』(11)や、『はじまりのうた』(13)、『イントゥ・ザ・ウッズ』(14)などに出演。声優としては『絵文字の国のジーン』(17)でメインキャラクターを演じたほか、2018年冬に公開予定の『シュガー・ラッシュ:オンライン』への出演が決まっている。

Staff

  • 監督: ウィル・グラック 『ANNIE/アニー』
  • 映画原案/脚色:ロブ・リーバー、ウィル・グラック